住宅設備機器業界の情報

2023年01月19日
冬季における給湯機器の破損・故障の予防に関する注意喚起 ~寒波による配管の凍結、積雪による排気口閉塞予防のお願い~

湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:腹巻知、資本金:201億円、東証プライム上場)は、公式サイトの「季節にご注意いただきたいこと一覧」で(https://www.noritz.co.jp/aftersupport/careful/)、寒波による配管の凍結や、積雪による排気口閉塞などが原因となる給湯機器の破損・故障を予防する注意喚起を行っています。

冬季は気温・水温が下がるため、例年、給湯機器の破損・故障が夏季と比較して約3割多く発生し、これらに起因した取替えが多くなります。破損・故障にご注意いただくため、予防措置の具体的な内容をご紹介いたします。

公式サイト「季節にご注意いただきたいこと一覧」>「寒波・凍結・積雪の場合」

( https://www.noritz.co.jp/aftersupport/disaster/cold_wave.html )より

冬季における給湯機器の破損・故障の予防・対処方法
スクリーンショット -01-21 153016.jpg
※詳細はノーリツホームページ「よくあるご質問」でご確認ください。


・凍結による給湯機器の破損(故障)予防のお願い

・冬季の凍結、積雪による給湯機器の破損・故障にご注意ください。

・積雪による給湯機器の事故・故障予防のお願い
※ニュースリリースに記載されている内容は、発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますので、ご了承ください。

  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 業界情報
  4. 冬季における給湯機器の破損・故障の予防に関する注意喚起 ~寒波による配管の凍結、積雪による排気口閉塞予防のお願い~に関する情報